本文へスキップ

河村社会システム研究室
動的社会システムの探求

 社会現象は一見複雑そうに思えますが、出来るだけ大局的かつ長期的に見ると本質が浮かんで来ます。そのメカニズムを原理的、法則的に探究することが当研究室の目的です。真理は神のみぞ知る、飽くまでも仮説に過ぎませんので、肩肘を張らないでアットホームな気持ちで話を進めて行きたいと思います。ご意見等が頂ければ幸いです。

                                                                                                

ギャラリー

 創発的建築学研究 

イメージ01









第一ページ、「創発的建築学研究」のトップの図ですが、
河村廣:建築学研究の創発的方法、(財)日本建築総合試験所、GBRC, Vol.36, No.2, 2011.4, pp.1~3に報告した随想の創発的研究の仕組みの図です。
只今工事中ですので、御見苦しくて申し訳ありません。

世界システム仮説


















第二ページ、「世界システム仮説」のトップの図ですが、世界システムの構成因子を3要素に絞り、その関係性を図示したものです。この数年間、想いを巡らせ覚書としてメモしたものの一部ですが、本邦初公表になります。
只今工事中ですので、御見苦しくて申し訳ありません。

informationお知らせ

2014年9月24日
HP「河村社会システム研究室」のトップページ 及び 第一ページ「創発的建築学研究」を立ち上げました。只今工事中ですので、お見苦しくて申し訳ありません。
2014年9月25日
第二ページ「世界システム仮説」を追加しました。只今工事中ですので、お見苦しくて申し訳ありません。
20**年*月*日
ここに新着情報が入ります。
20**年*月*日
ここに新着情報が入ります。
20**年*月*日
ここに新着情報が入ります。

profile

河村 廣
河村社会システム研究会の代表です。

〒567-0009
大阪府茨木市山手台3-27-3
TEL.072-649-0686
FAX.072-649-0686


newpage1.htmlへのリンク

創発的建築学研究

newpage2.htmlへのリンク